ブラックの判断基準

SEの仕事の成果が現れるには、長い時間がかかるものなので、働き方がどうしても過剰になる傾向があります。現実問題として、自分の会社がブラック企業と感じる社員はIT界が高くなっており、転職するSEも増えているわけです。但し、SEの仕事には繁忙期とそれ以外の時期で仕事量に大きな差があるので、一概に自分の会社がブラック企業かどうか判断出来ない側面もあります。そもそも、ブラック企業とは何かについての判断基準が必要になるわけです。それはある意味、人それぞれ異なってくるので、絶対的な規準を当てはめる事は出来ないものです。それでも会社に言われるがままになっていると、メンタルヘルスを損なう可能性もあるので、一定の判断基準は必要になります。

SEが自分の会社がブラックかどうか考える上で、先ず、挙げられる判断基準の一つが「就業時間」です。通常の平均就労時間は一ヶ月150~200時間となっており、250~400時間となるとブラックとみなされます。残業代に関しては、基本的に36協定の範囲として80時間が付けばいいのですが、見込み残業などで20~30時間削られてしまうと、ブラックの可能性が高くなります。有給休暇を含め休暇に関しては、仕事第一主義などを理由に休暇を取るのが難しい会社は、ブラック企業の部類に入ると言えます。そもそも会社がブラック化する背景には、縦型社会の弊害があります。上司が部下に対して絶対的な権威を持っているので、部下を過剰に働かせてしまうわけです。もし、今の会社がブラックかもしれないと感じているなら、早めの転職をおすすめします。次に仕事を探す時はブラックの求人を回避できるよう情報を集めておきましょう。