離職率を見る

IT企業というと、ブラック企業が多いイメージがありますが、全てのSEの仕事がブラックとは限りません。確かにIT業界には徹夜や休日出勤がつきものですが、他業種であっても同様なことは珍しくありません。但し、仕事上、集中して取り組まなければならなので、常に働いているイメージが付いていると言えます。また、システムメンテナンスなどは顧客の営業時間外に行うので、必然的に夜間作業が多くなるわけです。加えて、少し前ではSE一人ひとりにかかる仕事の負担が大きいのが当たり前で、ワークライフバランスなども考慮されていませんでした。ある意味、創成期につきものの繁忙時期だったので、昨今では全体的に落ち着きが戻ってきています。但し、一部の企業では依然として旧来の就業形態が残っていると言えます。

旧態依然としたブラック企業を見分けるには、幾つかのポイントがあります。先ず挙げられるのが離職率の高さですが、目安としては2~3年となります。さすがに一年では会社の実体が見えて来ませんが、2年目以降になると外からも色々と情報が入ってくるわけです。離職率の高い会社では常に社員を募集しているので、その点も注意して見る必要があります。次に挙げるブラック企業の特徴として、強制参加の行事やイベントが多いことがあります。中には公休を潰してまでも参加を求めるケースもあり、社員の都合を全く考慮しないわけです。そのような会社は仕事至上主義であることが多く、社員を単なる部品として考えていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です